かつまペットクリニック通信 2015年 秋号

だんだんと涼しくなって来て、過ごしやすくなりましたね。
今回は、寒い季節に多くなってくる、猫ちゃんの尿石症についてお話をします♪

尿石症とは…?

尿の中に結晶や結石が出来て、膀胱粘膜を傷つけたり細菌感染をさせる病気で、

特に雄猫の場合は、尿道に石が詰まると、腎不全・尿毒症になって死に至る事もあります。

原因

① 水分(摂取量が少ない)
② 体質
③ 環境(運動不足)
④ 食餌

症状

① 排尿姿勢をとっても尿が出ない
② 少量の尿を少しずつ頻繁にする
③ いつもより尿が臭い
④ 尿に血が混じっている

検査

尿検査/エコー検査/レントゲン

治療

・処方食への変更
・膀胱炎と尿道炎を併発するので抗生物質の投与が必要になります。
・尿道閉塞になった場合は手術が必要になることもあります。

飼い主様が出来る予防と環境づくり

いつでも尿をしやすく、新鮮な水を飲めるような環境を作りましょう。

食欲の秋ですが、ワンちゃん・ネコちゃんがごはんを食べない!とお悩みの方も
いらっしゃるのではないでしょうか?そんなお悩みを解決する工夫をご紹介します★

ごはんを食べない原因を考えてみましょう!

●ごはんに飽きてしまっている。選り好みをしている。
●調子が悪くて食べられない。病気がある。


下記でご紹介する方法を試しても食べない場合、体調を崩している可能性があります。
様子を見すぎず、早めに病院へご相談下さい!

ごはんを食べてもらうための工夫は?

体温くらいにレンジで温める
ドライフードをお湯でふやかす
手からあげる、食べたら褒める
食事の前に散歩・運動をさせる
香りづけをする


鰹節や煮干しなどを入れただしパックを、ドライフードの袋の中に入れ一晩置くことで香りがつき、ドライフードだけで食べてくれることもあります。(猫)療法食を食べている場合には、もともと食べていたドライフードの空袋の中に、療法食を入れて、香りづけして食べさせるという方法もあります。(犬・猫)

おやつや缶詰を混ぜてあげる前に、今のごはんだけで食べてもらえるように工夫してみてね☆

静かな場所で落ち着いて食べさせる(猫)
ヒゲが触らないような平たい皿で与える(猫)

Copyright(c) 2015 千葉県船橋市の動物病院 かつまペットクリニック. All Rights Reserved.