かつまペットクリニック通信 2016年 夏号

皮膚のトラブルを防ごう!

夏に皮膚病が多くなる理由

夏は高温多湿なので、カビや細菌、ノミ・ダニが繁殖してしまいます。


夏に発症しやすい主な皮膚病

膿皮症/ノミアレルギー

膿皮症

膿皮症とは、皮膚が化膿してしまう病気の総称です。細菌が皮膚に感染することで発症します。

【原因】 不衛生な環境、擦り傷や噛み傷、老化や栄養不良になる免疫力の低下

【症状】 主に、発赤、脱毛、かさぶた、発疹(ブツブツ)、膿疱

【部位】 顔、脇、内股、指の間

予防


部屋の換気、除湿
マメな洗濯、掃除
栄養のある食事
ストレス発散
ブラッシング:余分な毛を取り除き、通気性を良くしましょう
シャンプー:シャンプー後の生乾きは雑菌が繁殖してしまいます。
(ただし、ドライヤーによる熱中症に気を付けてください)
散歩後の足拭き:洗った場合は、指の間は良く乾かしましょう
顔のしわ、口周りのお手入れ
フレンチブルドッグ、パグなどの顔のしわは蒸れやすいので、こまめに拭きましょう

「耳血腫」とは?


耳血腫って何?

耳介(耳たぶ)は、皮膚と軟骨で作られています。耳を強く掻いたり、頭を振ったりして。耳の中の血管から出血し、皮膚の内側に血液が溜まってしまう状態を耳血腫といいます。犬・猫どちらにもみられます。
「耳が腫れているんです」「触るとぷよぷよしてるんです」といって来院されることが多いです。
垂れ耳・立ち耳どちらでも起こります。


原因
耳に衝撃を受けて起こることもありますが、多くは耳の病気によるものです。
そのため、原因となる耳の病気の治療も平行して行う必要があります。

  

慢性的な炎症(外耳炎など)
外部寄生虫(ダニなど)
アレルギー等の皮膚炎など

どうやって治していくの?

① 外科治療
耳介を何か所か切開して、血液が溜まる空間ができないように縫合する方法です。
その後、包帯で耳を圧迫して固定します。血液や漿液が出なくなるまで包帯の交換・巻きなおしに通院する必要があります


② 内科治療
溜まった血液は抜かず、インターフェロンという薬を耳血腫内に注入する方法です。
こちらも状態に応じて5日~7日に1回くらいの頻度で数回の通院が必要です。

耳血腫自体の痛みはあまりないようですが、放っておくと耳の形が変形してしまうこともあります!
おかしいと思ったら早めに病院へ行って、原因となった病気があれば、そちらも一緒に治療しましょう。

Copyright(c) 2015 千葉県船橋市の動物病院 かつまペットクリニック. All Rights Reserved.