膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼は小型犬(チワワ、トイプードル、ポメラニアンなど)に多く、状態によってグレード1~4に分けられます。
最初グレード1から2であってもしだいに3~4になっていくことがあります。
グレードが進む前に手術を行うことをお勧めします。

    • グレード1

膝蓋骨は正常な位置にあり、足を伸展させて膝蓋骨を指で押すと脱臼するが、放すと自然に整復される。
無症状の場合が多い。

    • グレード2

膝関節は不安定で、膝蓋骨は脱臼したり元に戻ったりしている。
指で膝蓋骨を押すと整復できる。日常生活に支障はないが、この状態で年数を重ねていくと骨の変形が進み、膝蓋骨を支える靱帯が伸びてグレード3に移行してしまう。

    • グレード3

膝蓋骨は常に脱臼状態にあり、指で押せば整復できるが放すとすぐに脱臼してしまう。
多くは、膝関節を屈曲させたまま歩行するので跛行がみられる。
大腿骨や脛骨の変形も明らかになってくる。

    • グレード4

膝蓋骨は常に脱臼し、指で整復できない。
大腿骨や脛骨の変形もさらに重度になり患肢が伸展できなくなる。

当院では滑車溝形成術と脛骨結節転移術を組み合わせた手術を行っています。
重度の場合、筋膜や筋肉を転移させたり他の方法を併用する必要もあります。

膝蓋骨脱臼整腹手術

膝蓋骨脱臼手術前

膝蓋骨脱臼手術

椎膝蓋骨脱臼手術後

膝蓋骨脱臼手術

脛骨粗面移動術

脛骨粗面移動術

滑車溝形成術

滑車溝形成術

Copyright(c) 2015 千葉県船橋市の動物病院 かつまペットクリニック. All Rights Reserved.