獣医師・動物看護師求人情報

船橋市の動物病院であるかつまペットクリニックでは、開業以来眼科と整形外科に力を入れ、獣医師と動物看護師が力を合わせて治療を行っております。現在、一緒に働く獣医師、動物看護師を募集しております。

獣医師・動物看護師を目指して勉強中の方々、現在勤務中の獣医師・動物看護師の方々、一度現場から離れ再度復帰を検討中の方々へ、当病院での仕事や雰囲気、獣医療に携わる人々のキャリア形成に関する考え方など、少しでもご理解頂けるようにサイトにまとめました。

かつまペットクリニックの特徴

当院が心がけていることは、飼い主さんの立場を考えて診察することです。そのため、インフォームド・コンセントなどになるべく時間をかけて、理解してもらえるようにわかりやすく伝えています。飼い主さんに選択肢を提供し、飼い主さんが選びやすいようにサポートするべきであると思います。当院は専門的な治療も行っていますが、割合としては一般診療で来ていただく飼い主さんが多いので、そちらにも当然力を入れています。

自主性を重視した働く環境

当院では、働くスタッフが「やりがいをいかに持てるか」ということに力を入れて取り組んでおります。現在は、スタッフ一人一人に指示するのではなく、自身で考えて行動してもらうことに重きをおいております。例えば、看護師の「1年目教育研修プログラム」もスタッフが自主的に作成し運用しています。今後も、働く環境を含めて、スタッフの自主性に任せるという方針で運営していきたいと思っています。

スキルアップできる環境の提供

「向上心をもちつづける」ことを大切にしており、新しいやり方などを積極的に取り入れながらチャレンジして、自分自身をブラッシュアップ、スキルアップするようにしています。大事なことは、向上心だと実感しています。

<獣医師について>

3、4年目までの獣医師には幅広く学んでほしいと考えています。「これに集中して学ぼう」ではなく、「偏りがないように学ぼう」という姿勢が重要ですので、足りないところを補うために研修を勧めています。
一方で、ある程度経験を積んだ獣医師にはスペシャリストを目指してもらいたいと思っています。そのため、当院ではまずはジェネラリストとして経験を積んでから、得意な分野を作るという考え方で育成を進めています。
当院は、眼科・整形外科において様々な症例を持つ病院ですので、今後も力を入れていきますが、それ以外の科でのスペシャリストの育成も考えております。

<動物看護師について>

当院のスタッフが作成した「1年目教育プログラム」がしっかり運用されていますので、1年目の看護師はこれを元に一人前になっていただきます。
この「1年目教育プログラム」は、毎年、新しい人のために作り変えながら成長しているプログラムです。
看護師は人員が増えてきたこともあり、リーダー1名、サブリーダー2名の体制になっています。リーダーは6、7年経験した看護師です。この体制のもと、後輩の育成をしています。

院長からのコメント

当院は、「スタッフが力を発揮できる職場」を目指しています。
まず制度やハードの面についてですが、福利厚生や休憩室、セミナールームなどを完備しています。
もちろん有給制度も導入しています。「建前上は有給休暇があっても、忙しくて取りづらい。」という話をよく聞きますが、当院ではそういうことはありません。「遊ぶときは遊ぶ、仕事するときは仕事する」を自分自身でもモットーとしており、メリハリをつけて人生を生き生きと邁進してほしいという願いがあります。
休みの取り方も、それほどスタッフの人数が多くないので、「なるべく重ならないようにお互いで相談しながら取得してもらっていい」と伝えており、これも自主性に任せています。スタッフそれぞれでよく話し合いながら、うまくやっています。ソフト面ではスタッフ同士の雰囲気を一番大事にしているので、興味のある方は一度見学に来て、体感してください。

先輩獣医師・動物看護師からのコメント

スタッフ求人ブログ

Copyright(c) 2015 千葉県船橋市の動物病院 かつまペットクリニック. All Rights Reserved.