先輩獣医師からのコメント

獣医師:大塚元貴

Q.働いていて、やりがいを感じることは何ですか?

一番は、飼い主さんたちが感謝してくださること。それから、動物たちが元気になってくれたところをみること。それがなによりやりがいを感じる瞬間です。
それが一番として、あとはスタッフ同士でよくコミュニケーションがとれて、それが結果的に飼い主さんの満足につながったときにもやりがいを感じます。

Q.将来どうなりたいですか?

今、院長の背中をみながら毎日勉強の繰り返しで、その中でまずは、ジェネラリストとして一人前になれたらいいな、と考えています。それから、なにか自分の武器になる専門的なものを模索していきたいと思っています。
何かに専門的な獣医師も憧れますが、私自身はそうではなく、ジェネラリストでありながら強い部分をいくつかもてる獣医師になりたいと思っています。目指すところは、飼い主さんやスタッフに頼られる存在です。

Q.開業思考はありますか?

開業はしたいと思っています。院長とは入職前に話をして、将来開業したいという意志を伝えています。院長からも「全力で応援する」「アグレッシブに学んでいってほしい」とありがたい言葉をいただいています。

Q.かつまペットクリニックにあっている獣医師はどういう人ですか?

スタッフ同士のコミュニケーションがよくとれている病院で、すごく良い関係を築けています。そういった輪を乱さない人が良いかと思っています。そのため、誰に対しても思いやりがある人、明るくて元気のある人、前向きな人。思いやりがあって優しい人が良いのではないでしょうか。当院は、先輩方も細やかにケアをしてくれて、ひとりで全部背負わなくてもみんなバックアップしてくれるので、第一に求めるのは、打たれ強さより思いやりや優しさが大事です。

Q.これから応募しようとする人へ一言

業界として、かなり厳しい先生や、看護師と獣医師がうまくいっていない、噛み合っていない病院も多いという話を聞きますが、当院はすごく円滑にいっていて、うまくやるための努力をしている病院だと思います。そういった環境で働きたいという人にはおすすめです。
眼科や整形外科などでは、この船橋エリアでも多くの症例数を持っていますので、専門的な経験を積むことができます。獣医師同士のコミュニケーションが取れているため、他の先生が診ている患者さんのケースも診ることができます。是非一度見学に来てください。

動物看護師:外崎愛衣からのコメントはこちら

Copyright(c) 2015 船橋市の動物病院 かつまペットクリニック. All Rights Reserved.