認知症にならない!、でもなったら・・・のお話し

2018年10月15日

こんにちは、獣医師の藤井です。

 
 
急に寒くなってきましたね、愛犬イブは暖かさを求め、まだついてもいないストーブの前に陣取ります(笑)。
 
 
 
 
さて、イブちゃんも16才とだいぶおばあちゃんなので、耳が遠くなってきたようで、周りでわいわい言ってても構わず寝ていることが多くなりました。
耳が聞こえづらくなる、寝ていることが多くなる…誰にでも訪れる「老化」です。
では「認知症」はどうでしょう?
柴犬がなりやすい、とか大型犬はならないとかいろいろ言われておりますが、実際にはどんな種類であれ、年をとるとみんな認知症になっていく、が最近わかってきています。
 
先日、行動学で日本の第一人者である入交先生に院内で問題行動と認知症についてセミナーを開いていただきました。
 
 
認知症と診断する基準は?
動物の認知症の科学は?
認知症を予防するまた認知症の進行を抑えるには?
 
最新の報告を交え、二時間たっぷりお話しいただました。
 
 
認知症には他の病気またはそれ以上に、早期発見早期治療が有効です。
大事な家族であるペットのキャラクターが変わってしまい、幸せな毎日が送れなくなるほど残念なことはありません。
あれ?と思ったら、シニアになったら、病院で相談してみてくださいね。
 
 
現在報告されている認知症予防の抗酸化サプリメントがてんこ盛りにバランスよく含めれているフード、がアクテイブシニアです(イブちゃんも大好きです)。
高価なサプリメントを最適量もわからず(もちろん取りすぎで害になることありますよ!)気まぐれに与えるより、認知症に効果アリ!と(現在では唯一)認められているフードを継続して与えることが健康寿命を延ばすことにつながるのではないでしょうか。
 
 
 
 
 
来月末気になるシニアのお話がまとめてきけるセミナーを開催します。
 
 
 
 
また毎週火曜日はフードの日、処方食やサプリメントが10%offでご購入いただけます。
どちらもお気軽にお電話ください(о´∀`о)

ご長寿祈願 & フードを変えたら具合が悪くなった?

2018年10月8日

こんにちは、獣医師の藤井です。

 

 

みなさんこの鳥をご存知でしょうか?

 

 

これはハシビロコウといって、別名「動かない鳥」です。

アフリカ原産の結構大きな鳥なのですが、様々な理由から(餌を取るため、とかエネルギーを抑えるためとか色々言われています)自分から動くことが滅多にありません。

もっと知りたい方はコチラをどうぞ。

 

 

 

 

離れて見えるけど、1mくらいしか離れてません!

 

 

 

そして先日会いに行ったビルくんは有名なご長寿ハシビロコウなのです。

野生種もいるのでよくはわかっていませんが、世界でも稀に見るご長寿だそうです(推定45歳以上)。

 

 

 

そんなビルくんを祀った「ビルご長寿神社」があったので、犬猫患者さんたちのご長寿を祈願してきました。

ご自身のペットちゃんのことを願う絵馬もあり、長生きを幸せを願う飼い主さんたちの思いが溢れているようでした。

 

 

せっかく長生きしているペットたち、何かもっと健康を保つためにいいものをあげたい!

優しい飼い主さんたちは普段のペットフードから「シニア用」とか「超高齢犬用」「15歳をすぎた猫ちゃんに」などに切り替えられることがあります。

もちろんそれがよりそのこの健康をサポートする結果をうむこともたくさんあります。

しかし、「食べない」「お腹を壊す」「吐く」というような、具合が悪くなることもあります。

そしてそれはそのごはんが悪い、のではなく、そのこに合ってなかったということがほとんどです。

 

 

一口にシニアとは言っても、一頭一頭その健康状態は異なります。

ですから、同じ犬種のお散歩仲間に進められたごはんが必ずしもいいとは限らないのです。

あまりがっかりしないてくださいね。

 

どのごはんがいいかは、まずはその子のいまの状態を確認しないと言えません。

健康で長生きに幸せに生きる、健康寿命を伸ばすことをめざすのであれば、やはり健康診断から始めるのが一番ですね。

 

 

ただいま当院では健康診断キャンペーンを行っています。

院内で行うより、待たずにお得に検査が受けられます。

詳細はHPをご参照ください、またご不明点はお気軽にお尋ねください。

 

 

おまけ)

伊豆シャボテン公園はお気に入りスポットの一つです。

夢の国に支払う分のお金があれば、公園内の動物たちみんなを満腹にできちゃいます☆

 

 

自分で餌を与えながら、口周りを観察したり、モルモットやウサギ(基本的にほぼ口は縦に開きません!)の口と比較して「大きいから気管挿管しやすいかな〜」とか考えたりします。

 

 

敬老の日なので(^O^)シニア応援キャンペーン

2018年09月17日

こんにちは、獣医師の藤井です。

 

本日は敬老の日です、みなさんはご家族やペットちゃんとどう過ごされているでしょうか?

自分は元スタッフのお花やさんに頼んで、毎年福島の祖母にお花を送っています。

今年はこんなかんじ。

 

 

とっても喜んでくれていました。

 

 

そしてずっとお出かけ日和で晴れた一日かと思いきや・・・夕方からは雨。

我が家の老犬‘s がカッパを着てでもお散歩に行っていたことを思い出します。

 

(この微妙なセンスのカッパを着ているサスケくん、この時で20歳くらい?1995以前に生まれたことしかわからない)

 

 

以前のブログでイブやサスケのことを書いたところ、診察中や待合室で感想を頂くことが多く、ちょっとびっくりするのと同時にシニアペットに関する関心が高いことを大変嬉しく思います。

子犬や子猫にはぬいぐるみのような可愛さが、若いペットには元気をもらえる躍動感がありますが、シニアペットにもその子たちにしかない愛らしさや健気さ、ユーモアがたくさんあります。

 

そこで今回、当院ではシニア限定のイベントをいくつか企画しております。

シニアになったことを残念に思うのではなく、平均寿命がのびたことで大幅に増えたシニアの期間を、楽しく快適に過ごすための応援キャンペーンです。

詳しくはコチラ

 

 

 

 

他にもこんなフードのシニア応援キャンペーン。

ひとつ買ったらなんともうひとつもらえちゃう、または素敵なプレゼントがもらえる超お得な企画です。

アクティブシニアやエイジングケアはもちろん、他のフードも対象のものがあります。

フードの日との併用も可能です。

ご興味のある方は是非この機会にご利用ください。

 

 

当院は毎週火曜日はフードの日、サプリメントやおやつも10%引きでご購入いただけます。

お気軽にお電話ください。

 

北海道地震を想う&処方食価格変更のお知らせ

2018年09月10日

こんにちは、獣医師の藤井です。

 

 

 
全国の台風や大雨に引き続き、北海道で大きな地震とそれに伴う停電がおこりましたね。
 
 
自分は北海道の帯広畜産大学卒で友達が北海道には多いので、とても心配です。
あまり連絡しても迷惑なので、相手の発信するSNSなどをチェックするくらいしかできないのですが、畜産や農業に携わる人は相手が生き物だけに停電は大きな痛手、かなりの負担を強いられているようです…。
 
 
 
競走馬の育成牧場で働いている友達のところに去年遊びにいきました。
馬や牛の飼育に今は電気が欠かせません。
 
 
母校のキャンパス。
白樺が映えるメルヘンな空間ですが、冬は-30℃を下回ることもある変貌っぷりです。
 
 
やっぱり北海道のジンギスカンは違います、海鮮もいいですがぜひ北海道に行かれた際は味わってくださいね❗
 
 
 
まだまだ余震も油断できず、日本にいると地震は他人事にはならないですね。
ぜひみなさんもこの機会に、ご自身の防災環境を見直しみててください。
 
 
 
 
さて、そんな防災グッズのひとつともなり得るペットのごはん。
ご自身に被害がなくても、メーカーや流通のトラブルで入荷が遅れることはあるかもしれません。
普段からぎりぎりの量ではなく、プラス1袋は準備されておくことをおすすめします。
 
 
 
当院でもご愛用いただいておりますロイヤルカナン製品。
輸送コストの上昇に伴い、 10/1より価格が変更になります。当院でも 10/3より数%ではありますが、値上がりとなります。
まとめてのご購入を予定されている方はお早めにどうぞ。
 
 
 
 
当院では毎週火曜日はフードの日。おやつやサプリメントも 10%引きでご購入いただけます。
お気軽にお電話ください。

こどもは未来のたからもの~産後ママにもおつかれさまの処方食

2018年08月27日

 
こんにちは、獣医師の藤井です。

 
 
 
夏も終わりに近づいた?先日、7月のキッズサマーイベントに参加されたこどもさんから、残暑見舞いをいただきました✨
 
 
 
 
いろいろ手違いでスタッフルームに届くまで時間がかかってしまい、これからお返事するのも遅すぎる?! ごめんなさい)
イベント中もたくさんメモをとり、すごく積極的に参加していただいたうえに、こんなかわいいお葉書、ありがとうございます❗ 
スタッフ一同大感激です。
 
 
 
動物病院はもちろん動物の健康を守り、動物とそのご家族の幸せが永く続くサポートをすることが使命です
けれど動物と一緒に過ごすすばらしさを伝えたり、動物を通して人間性を豊かにするお手伝いができれば、未来のたからものであるこどもたちにちょこっとプレゼントになる…といいんですが( ゚ε゚;)
 
 
 
こどもといえば、先日当院の元スタッフのお宅に、産まれたばかりの赤ちゃんとママに会いに行ってきました(o^-^o)
 
 
 
 
 
まだ新生児…
すべてがちいさく、かわいすぎますね~
犬猫よりはもちろん大きいですが)
とってもしあわせな癒しの時間でした。
 
 
 
 
さて、ママにはフルーツを差し入れましたが、犬猫も出産後のママにはおいしくて栄養があるものを用意してあげましょう。
 
 
 
 
 
 
 
ヒルズ a/dやi/d
ロイヤルカナン 退院サポートや消化器サポート高栄養
 
消化がよくて、食べやすいですよ。
 
 
 
当院は毎週火曜日がフードの日、処方食フードやサプリメントが10%引きでご購入いただけます。
お気軽にお電話くださいね。

ユリとネコと中毒~繊維質はフードでとりましょう

2018年08月20日

こんばんは、獣医師の藤井です。

 

 

少し涼しくなってきた先日、千葉の写実主義の作品を集めた「ホキ美術館」にいってきました。

 

 

 

 

建物そのものが作りこまれた、不思議な空間でした。

 

 

写実主義ばかりの美術館は初めてだったので、写真を超える作品の数々に感動させられっぱなし・・・

レモンのみずみずしさ、パンのやわらかさ、花のめしべのやわらかさ

香りまで漂いそうなすばらしいものもありました!

 

 

 

そのなかで気になったのはこちらの一枚

 

 

こんな模様の猫ちゃんが大好き…

なのも本当ですが

そのうえの大輪のユリ!

 

 

じつは猫のユリ中毒はあまり知られていませんが、かなりの注意が必要です。

花だけでなく、葉や茎をかじることも危険であり急性腎不全を引き起こし、それで亡くなったコも何頭かいるのです。

 

 

でもこの猫とユリ、調べてみるとけっこう昔からよく使われる美術的な組み合わせのようで

(ブドウと花瓶的な?)

文化遺産オンラインでも紹介されていました。

http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/90810/1

 

昔のユリは無毒だったのかな???

 

 

何はともあれ、犬やネコに有害な植物は意外と多いです。

よく「むかむかするのか草をよく食べさせる、かってに食べる」

という飼い主さんもいらっしゃいますが、食物繊維が必要でしたらぜひフードからとることをお勧めします。

 

 

 

便通がよくなり、消化管の動きがよくなります。

 

当院は毎週火曜日はフードの日、処方食やサプリメントが10%offでご購入いただけます。

お気軽にお電話ください。

 

シニア動物のためのおうちの工夫 その1

2018年08月13日

こんにちは、獣医師の藤井です。

 

 

お盆休みですね、みなさんいかがお過ごしですか?

当院は通常通り診察を行っており、このお休みの機会を利用された飼い主様でやや混みあっております。

 

 

先日の日曜日、私の診察したどうぶつたちは腎不全の14歳に始まり、9歳、15歳、17歳、16歳・・・

まだ4ヵ月のファーストワクチンの仔猫や皮膚病の元気なわんこ5歳も診ましたが、平均年齢は13.2歳!

立派にシニアな動物たちですね。

 

 

 

さて、シニア動物って何歳からでしょうか?

いつまでも愛くるしく、かわいい犬や猫、気づけば7,8歳。

それはもう「シニア期」なのです。

10歳で、小・中型犬、ネコであれば56歳、大型犬であれば75歳と言われることもあります。

もはや後期高齢者!

 

 

そんなシニアペットちゃんたちの飼い主さん、さまざまな工夫で快適に毎日を暮らす努力をされています。

 

 

 

パグのポンタちゃん

若いころから元気いっぱい、今でも機嫌が悪いとお怒りになることもあります(^▽^)

 

 

そんなご自宅は・・・

 

 

目が悪く、あちこちにぶつかりやすいのにうろうろ歩いてしまうポンちゃんのため、周りをやわらかなトイレットペーパーで覆った特別仕様の空間です。

ぶつかっても倒れてこない工夫がされているので、安心です。

これならいくらでも形を変えられるので、どんなお部屋でも応用できそうですね。

 

 

そしてごはんは、お腹の調子に合わせて、二種類をブレンド。

至れり尽くせりの毎日です。

 

 

 

いろいろな病気を乗り越えているポンタちゃん、もっと元気に長生きしてもらいたいですね。

 

 

 

 

当院は毎週火曜日はフードの日、処方食フードやおやつが10%offでご購入いただけます。

お気軽にお電話ください。

 

 

 

 

 

 

 

処方食フードのご紹介~内分泌疾患にメタボリックスシリーズ

2018年08月6日

こんにちは、獣医師の藤井です。

 

 

 

先日フードメーカーのヒルズさんにご招待いただき、内分泌を中心とした健康診断からの早期治療のセミナーに行ってきました。

 

 

東日本マネージャーの霜鳥さん、私なんかにもいつもとても丁寧に対応してくださる紳士です。

 

 

 

さて、内分泌ってなんでしょう?
糖尿病、クッシング病、アジソン病、甲状腺機能異常症などの、ホルモンの病気です。
講演の左向先生は、栄養学にも精通された豊富な経験から、内分泌治療の最新知見をご紹介されました。
人よりだいぶ遅れている獣医の内分泌分野ですが、最近はかなり積極的治療も行われるようになり、昔は2年前後の余命が宣告されていたのが、10年以上元気にコントロールできることも可能になりました。

 

内分泌系はそれぞれが深く関わっているので、ひとつの内分泌疾患にかかったら、他のものにもかかりやすくなっています。

その兆候を早く見つけて、予防することが長生きさせるコツになります。

「内分泌疾患になったことを嘆くばかりでなく、定期検診を受け続ける(治療を続ける)ことで、よりそのこを健康に保ちハッピーに過ごすことができる。」

講演でおっしゃっていたことですが、ぜひそれをめざして、飼い主さんと動物の助けになれるよう努力したいですね。

 

 

そして内分泌疾患に食事管理は超~重要です。

中身はもちろん、おいしく食べ続けることも大切です。

 

 

 

 

こちらは最近好評のメタボリクスシリーズ、胆泥症やシュウ酸カルシウム結石症、関節炎など続けることが必要な病気に使いやすいおいしさです。
気になる方はいかがでしょうか。

 

 

 

当院は毎週火曜日はフードの日、処方食やおやつ、サプリメントが 10%offでご購入いただけます。
お気軽にお電話ください。

獣医師送別会&水分をたくさんとりましょう❗

2018年07月30日

こんばんは、獣医師の藤井です。

 

 

告知してまいりましたように、今月で獣医師が2人退職いたします。

先日その一人大塚を、その日出勤していた獣医師+αで飲んで見送りました。

 

 

 

 

 

 

スタッフからのメッセージボードを贈呈し、楽しかったこと、これからのことなど大いに盛り上がりました。

 

 

そんな楽しい会の翌日ですが、多くの獣医師は普通に朝から出勤です(*`・ω・)ゞ。

 

元気に働けるよう心がけることは、アルコールと一緒、そしてその後に水を飲むこと、です。

アルコール=利尿剤、ですので水分をたくさん採って脱水を防止、または代謝をすこしでもあげて、アルコール分解をする肝臓を助ける作用がありますね。

ついでにお風呂で汗もしっかりだすと更に効果的ですよね。

 

 

 

水分をたくさんとることがいいのは人に限ったことでなく、犬や猫の病気の治療にも大きくかかわってきます。

慢性脱水に陥りやすい腎不全や糖尿病、尿石産生を防止したい尿石症などは、水分をとることが特に大事です。

水分をたくさんとりましょう❗

 

 

とは言ってもドライフードはふやかすとあきらかに形状が変わってしまい、動物が食べなくなってしまう・・・そんなときは、缶やパウチのウェット製品にぬるま湯を加えてみるのがおすすめです。

ウェットほど変化がないため、受け入れてくれやすいですよ。

 

 

 

 

 

 

おすすめはこちらのパウチやシチュー缶シリーズです。

 

 

 

当院では毎週火曜日はフードの日、処方食やおやつが10%offでご購入いただけます。

お気軽にお電話ください。

 

 

 

花文字のプレゼント&処方食フードのご紹介~夏バテに!シチュー缶

2018年07月23日

こんにちは、獣医師の藤井です。

 

 

本日は熊本で国内初の気温41.1℃が観測されたそうですね。

どこまでも暑くなる毎日、ただただ驚くばかりです。

 

 

そんな暑さの中で、週に3回は愛犬のために通われているモモちゃんのお母さん。

先日ステキなプレゼントをくださいました(o^―^o)

 

 

 

花文字で、「藤井」☆

縁起物てんこもりのアート作品です。

香港に行った時、実家の名字を書いてもらっていましたが、今回は私自身の。

お忙しい中、心をこめて書いて頂いたことに本当に感謝です。

 

 

 

オーダーも受けていらっしゃるようです。

気になる方はご連絡してみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

さてこの毎日のためか、お腹を壊す食欲のないワンちゃんがよく来院されます。

ヒトが冷やし中華やそうめんを食べたくなるように、ワンちゃんもいつもと違った冷たい口当たりのいいものが食べたいのかもしれません。

そんなときには、消化が良くて水分が多い、こちらはいかがでしょうか。

 

 

 

ヒルズ i/dローファットシチュー缶

 

 

うちのおばあちゃん犬イブも、これが混ざればドライフードもりもり食べています☆

 

 

 

当院は毎週火曜日はフードの日。

処方食フードやおやつ、サプリメントが10~20%offでご購入いただけます。

ヒルズ製品限定の20%offは今月限りとなります。

ご希望のかたはお早めにお電話ください。

Copyright(c) 2015 千葉県船橋市の動物病院 かつまペットクリニック. All Rights Reserved.