シニア動物のためのおうちの工夫 その1

2018年08月13日

こんにちは、獣医師の藤井です。

 

 

お盆休みですね、みなさんいかがお過ごしですか?

当院は通常通り診察を行っており、このお休みの機会を利用された飼い主様でやや混みあっております。

 

 

先日の日曜日、私の診察したどうぶつたちは腎不全の14歳に始まり、9歳、15歳、17歳、16歳・・・

まだ4ヵ月のファーストワクチンの仔猫や皮膚病の元気なわんこ5歳も診ましたが、平均年齢は13.2歳!

立派にシニアな動物たちですね。

 

 

 

さて、シニア動物って何歳からでしょうか?

いつまでも愛くるしく、かわいい犬や猫、気づけば7,8歳。

それはもう「シニア期」なのです。

10歳で、小・中型犬、ネコであれば56歳、大型犬であれば75歳と言われることもあります。

もはや後期高齢者!

 

 

そんなシニアペットちゃんたちの飼い主さん、さまざまな工夫で快適に毎日を暮らす努力をされています。

 

 

 

パグのポンタちゃん

若いころから元気いっぱい、今でも機嫌が悪いとお怒りになることもあります(^▽^)

 

 

そんなご自宅は・・・

 

 

目が悪く、あちこちにぶつかりやすいのにうろうろ歩いてしまうポンちゃんのため、周りをやわらかなトイレットペーパーで覆った特別仕様の空間です。

ぶつかっても倒れてこない工夫がされているので、安心です。

これならいくらでも形を変えられるので、どんなお部屋でも応用できそうですね。

 

 

そしてごはんは、お腹の調子に合わせて、二種類をブレンド。

至れり尽くせりの毎日です。

 

 

 

いろいろな病気を乗り越えているポンタちゃん、もっと元気に長生きしてもらいたいですね。

 

 

 

 

当院は毎週火曜日はフードの日、処方食フードやおやつが10%offでご購入いただけます。

お気軽にお電話ください。

 

 

 

 

 

 

 

処方食フードのご紹介~内分泌疾患にメタボリックスシリーズ

2018年08月6日

こんにちは、獣医師の藤井です。

 

 

 

先日フードメーカーのヒルズさんにご招待いただき、内分泌を中心とした健康診断からの早期治療のセミナーに行ってきました。

 

 

東日本マネージャーの霜鳥さん、私なんかにもいつもとても丁寧に対応してくださる紳士です。

 

 

 

さて、内分泌ってなんでしょう?
糖尿病、クッシング病、アジソン病、甲状腺機能異常症などの、ホルモンの病気です。
講演の左向先生は、栄養学にも精通された豊富な経験から、内分泌治療の最新知見をご紹介されました。
人よりだいぶ遅れている獣医の内分泌分野ですが、最近はかなり積極的治療も行われるようになり、昔は2年前後の余命が宣告されていたのが、10年以上元気にコントロールできることも可能になりました。

 

内分泌系はそれぞれが深く関わっているので、ひとつの内分泌疾患にかかったら、他のものにもかかりやすくなっています。

その兆候を早く見つけて、予防することが長生きさせるコツになります。

「内分泌疾患になったことを嘆くばかりでなく、定期検診を受け続ける(治療を続ける)ことで、よりそのこを健康に保ちハッピーに過ごすことができる。」

講演でおっしゃっていたことですが、ぜひそれをめざして、飼い主さんと動物の助けになれるよう努力したいですね。

 

 

そして内分泌疾患に食事管理は超~重要です。

中身はもちろん、おいしく食べ続けることも大切です。

 

 

 

 

こちらは最近好評のメタボリクスシリーズ、胆泥症やシュウ酸カルシウム結石症、関節炎など続けることが必要な病気に使いやすいおいしさです。
気になる方はいかがでしょうか。

 

 

 

当院は毎週火曜日はフードの日、処方食やおやつ、サプリメントが 10%offでご購入いただけます。
お気軽にお電話ください。

獣医師送別会&水分をたくさんとりましょう❗

2018年07月30日

こんばんは、獣医師の藤井です。

 

 

告知してまいりましたように、今月で獣医師が2人退職いたします。

先日その一人大塚を、その日出勤していた獣医師+αで飲んで見送りました。

 

 

 

 

 

 

スタッフからのメッセージボードを贈呈し、楽しかったこと、これからのことなど大いに盛り上がりました。

 

 

そんな楽しい会の翌日ですが、多くの獣医師は普通に朝から出勤です(*`・ω・)ゞ。

 

元気に働けるよう心がけることは、アルコールと一緒、そしてその後に水を飲むこと、です。

アルコール=利尿剤、ですので水分をたくさん採って脱水を防止、または代謝をすこしでもあげて、アルコール分解をする肝臓を助ける作用がありますね。

ついでにお風呂で汗もしっかりだすと更に効果的ですよね。

 

 

 

水分をたくさんとることがいいのは人に限ったことでなく、犬や猫の病気の治療にも大きくかかわってきます。

慢性脱水に陥りやすい腎不全や糖尿病、尿石産生を防止したい尿石症などは、水分をとることが特に大事です。

水分をたくさんとりましょう❗

 

 

とは言ってもドライフードはふやかすとあきらかに形状が変わってしまい、動物が食べなくなってしまう・・・そんなときは、缶やパウチのウェット製品にぬるま湯を加えてみるのがおすすめです。

ウェットほど変化がないため、受け入れてくれやすいですよ。

 

 

 

 

 

 

おすすめはこちらのパウチやシチュー缶シリーズです。

 

 

 

当院では毎週火曜日はフードの日、処方食やおやつが10%offでご購入いただけます。

お気軽にお電話ください。

 

 

 

花文字のプレゼント&処方食フードのご紹介~夏バテに!シチュー缶

2018年07月23日

こんにちは、獣医師の藤井です。

 

 

本日は熊本で国内初の気温41.1℃が観測されたそうですね。

どこまでも暑くなる毎日、ただただ驚くばかりです。

 

 

そんな暑さの中で、週に3回は愛犬のために通われているモモちゃんのお母さん。

先日ステキなプレゼントをくださいました(o^―^o)

 

 

 

花文字で、「藤井」☆

縁起物てんこもりのアート作品です。

香港に行った時、実家の名字を書いてもらっていましたが、今回は私自身の。

お忙しい中、心をこめて書いて頂いたことに本当に感謝です。

 

 

 

オーダーも受けていらっしゃるようです。

気になる方はご連絡してみてはいかがでしょう。

 

 

 

 

さてこの毎日のためか、お腹を壊す食欲のないワンちゃんがよく来院されます。

ヒトが冷やし中華やそうめんを食べたくなるように、ワンちゃんもいつもと違った冷たい口当たりのいいものが食べたいのかもしれません。

そんなときには、消化が良くて水分が多い、こちらはいかがでしょうか。

 

 

 

ヒルズ i/dローファットシチュー缶

 

 

うちのおばあちゃん犬イブも、これが混ざればドライフードもりもり食べています☆

 

 

 

当院は毎週火曜日はフードの日。

処方食フードやおやつ、サプリメントが10~20%offでご購入いただけます。

ヒルズ製品限定の20%offは今月限りとなります。

ご希望のかたはお早めにお電話ください。

処方食フードのご紹介~海の日とリキッドシリーズ

2018年07月16日

こんにちは、獣医の藤井です。

 

 

 

今日は海の日‼

みなさん今年は海に行かれましたか?

私は早めに、6月に南の島へ行ってきました。

 

 

 

そこに向かう機内で、飛行機の点検に内視鏡が活躍~という記事があり、真剣に読んでしまいました。

手の届かないところが拡大して見える内視鏡、本当に色んなところで活躍しています。

 

 

 

そんな内視鏡検査の前には基本絶食、ですが症状や年令でなるべくその時間を短くする必要があることも多々あります。

そんなときには、消化吸収の早い処方食が活躍します。

 

流動食のこちら、ロイヤルカナンリキッドシリーズは目的に合わせて選べるのでとても便利ですね。

他にも柔らかい缶、溶かして使う粉ミルクのようなもの、いろいろありますので

絶食すると吐いちゃう!

などご心配のあるかたはご相談くださいね。

 

 

当院は毎週火曜日はフードの日、ごはんやおやつがお得にご購入できます。

お気軽にお電話ください。

 

 

 

また行きたいな(o^-^o)

おすすめペットの備蓄ごはん

2018年07月9日

こんにちは、獣医の藤井です。

 

 

先日来からの大雨により、西日本を中心に甚大な被害が発生していますね。

被災された方がた、そのご家族に心よりお見舞い申し上げます。

一日も早く、穏やかな日々に戻れるよう天候の回復を祈ります。

 

 

 

さて、そんな大荒れの週末でしたが、私は大学院のため九州は宮崎に行ってきました。

着いてみれば大雨、飛行機の窓の外が見えないくらい豪雨が…

そんな中、予定していた実験は学生さんたちの協力のもとどうにか結果を出すことができました。

 

 

 

 

夜は若手の大学の先生たちとごはんして・・・

翌日悪天候に備え早めに空港に行ってみると

 

 

 

東京行きほぼ欠航

(|| ゜Д゜)

 

 

乗る予定の飛行機ももちろん欠航…

びっくりしましたが、振替やらなんやらで夕方には東京に着きました。

よかった・・・。

 

 

 

災害というと地震のイメージですが、今回のような大雨豪雨でもやはり毎日の生活は滞ってしまいます。

人の生活ですら不安定になる状態、ましてやペットのこととなるととても手が回らないですね。

人よりも事情のわからない動物は、食欲や元気がなくなってしまい、ストレスからお腹を壊してしまうかもしれません。

そんな時に備えて備蓄しておくごはんは

日持ちがして!

おいしくて!

少量でも栄養の摂れる!

処方食フードはいかがでしょう。

 

 

 

 

 

以前もご紹介したこちらのごはんたち

 

ヒルズ i/d ローファット

ロイヤルカナン 消化器サポート低脂肪

 

 

 

 

ロイヤルカナン 退院サポート

ヒルズ a/d

 

いつものときに試して、どれがお好みか分かっていると安心ですね。

 

 

 

 

当院は毎週火曜日はフードの日、ごはんやおやつが10~20%オフでご購入いただけます。

お気軽にお電話ください。

処方食フードのご紹介~小麦フリーのごはんの効能

2018年07月2日

こんにちは、獣医の藤井です。

 

 

週末、獣医神経学会に岩手県は盛岡に行っていました。

 

 

学会に参加したのは3つの目的で

#1 学会認定獣医神経学講習をうけるため

#2 神経学会会長に大学時代の恩師がなられたためお祝いするため

#3 特発性脳炎に対する食事コントロールについて研究者に質問するため

です。

 

 

講習は全て受講するには年単位の時間が必要です。

でも日進月歩の獣医神経学なのでがんばってついていきたいです。

 

また学生時代さんざんお世話になった先生が会長になられての初講演をきき、いろいろお話しもできたのはうれしいことです。

 

 

さて、去年東京大学を退職された非常に優れた研究者である松木先生が、特発性脳炎 MUOの犬の病態について、以前から次のようなことを言われています。

 

「すごく簡単に説明すると、

犬が小麦を食べる

→小麦に含まれるグルテン(タンパク質)が異物と認識されて抗体ができる

→グルテンに対する抗体が脳の細胞にもくっつく

→脳が異物と認識されて炎症が起こる、というわけです。

小麦グルテンに対する抗体(脳の細胞に対する抗体でもある)は、壊死性髄膜脳炎(いわゆるパグ脳炎)だけではなく、壊死性白質脳炎(ヨークシャー・テリアやチワワで起こるタイプの脳炎)や肉芽腫性髄膜脳脊髄炎(GME)の犬でも見つかります。」

 

特発性脳炎は基本治らない、場合によっては死亡することも少なくない、難しい病気です。

病気になった部分の脳は治らないので、発症したらあらゆる治療でその進行を食い止めることが必要です。

 

その治療のひとつとして、小麦グルテンフリーの仮説を唱えられているのですが、実験や調査が難しく、論文化されていません。

そのためその仮説を詳しくデータを示されながらお話しされる今回の学会は貴重でした!

 

 

✳念のため繰り返しますが、これは

「特発性脳炎の犬」

での話であって、犬がみんなこうなるとは言っていませんので、過剰に心配されませんように。

ご関心のある方は、診察にきていただければくわしくご説明します。

 

 

ちなみに、麦フリーのごはんはいろいろあります。

 

 

 

ちょっと高価ですが、こちらはこの製品を純度をあげて作るため、専用の工場を作った、めちゃめちゃピュアな単一タンパク質のフードです。

 

 

当院は毎週火曜日はフードの日、処方食やおやつ、サプリメントが10~20%割引でご購入いただけます。
お気軽にお電話ください。

 

 

 

一泊二日でしたが、めいっぱい盛岡を満喫しました!

盛岡三大麺、わんこそばだけ食べ逃しました~(時間の都合上、天ぷらそばに)、これはまた次の機会に。

 

冷麺

 

じゃじゃ麺

 

ふだんはラーメン派ですが、どっちもとてもおいしくいただきましたヽ(´ー` )ノ

 

 

 

 

 

処方食フードのご紹介~繊維質は役に立ちます

2018年06月25日

こんばんは、獣医師の藤井です。

 

 

うちのイブはみかんが大好きです。

特に、皮の内側の白い繊維質のところがお気にいりであげると大変喜びます!

 

昔IBDといわれた炎症性腸疾患を患ったためか、ある程度以上だと下痢になる、残念なおばあさんです。

 

繊維質と一言にいっても、種類はさまざま、大きくは水にとける可溶性繊維と、水にとけない不溶性繊維に分けられます。

詳しく知りたいかたはこちらへ

 

 

どちらも便通や消化管の流れをよくする働きがありますが、その他にも血糖値のがあがるのをゆっくりにしたり、胆汁酸やコレステロールなどを外に出す働きなんかがあります。

 

 

そんな繊維質を病気の予防や治療として取り入れることももちろんあります。

 

 

 

 

 

ヒルズ メタボリクス+モビリティ

関節ケアのための抗酸化物質も豊富に含まれています。

 

 

ロイヤルカナン 満腹感サポートスペシャル

食べ応えのある大きさと味です。

 

どちらも不溶性、可溶性の繊維がバランスよく入っておりダイエットだけでなく、胆嚢疾患や腸疾患にも適応です。

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

 

ここでお知らせです。

大変好評でしたヒルズ製品のフードの日20%OFFですが、7月末をもって終了となります。

8月からはロイヤルカナン製品同様10%OFFとなりますので、どうぞご了承下さい。

 

 

 

処方食フードのご紹介~オーラベットで歯を大切にしましょう

2018年06月18日

 昨日の関西の震災により被災された皆様ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地に一日でも早く日常の日々が戻ることをお祈りいたします。

(私も親戚が茨木市にいるため、安全が確認できるまでは本当に心配でした…。)

 

 

こんにちは、獣医師の藤井です。

 

 

なんだか歯が痛いので歯医者にいったら、虫歯でも歯周病でもなく、歯が欠けてるとかで…( ; ゜Д゜)

いわゆる糸切り歯と言われる歯が平らになってるくらい、歯ぎしりとか食いしばりがあるのではないかとのことです。

ちょっとガーン。

 

 

さて、当動物病院で抜歯をする理由のトップは、ワンちゃんの歯の欠け、破損です。

 

骨をガジガシ、武器にもなる、とてもじょうぶそうなワンちゃんの歯ですが、じつは外側のツルツルのエナメル質はヒトよりも格段に薄く、なかなかにデリケートなのです。

とくに大型犬で、歯のケアのために与えられた固いオモチャやヒヅメ、ツノなどで奥歯が欠けてしまうことがよくあります。

ワンちゃんのデンタルケアにあたえるものは、人の力で曲げられる程度の弾力は必要です。

 

 

当院おすすめのデンタルケアガム

オーラベット

はうちのイブも大好きです。

魅惑のバニラ?チョコ?の香りに夢中♪

 

 

歯全体を使うまでは手に持って与え、しっかり奥まで使ったら好きにあげます。

さすがに 16歳のおばあちゃんなので、顎が疲れちゃうかな~と途中でガムを回収しました。

 

 

 

ところが翌日残りをあげたらちょっと噛んでそのままごっくん!したそうです。

 

オーラベットは小麦粉など消化できるもので作られており、また角が全て丸くなっているため、喉にひっかかってゲエゲエしていなければまず大丈夫です。

 

(オーラベットHPより)

 

 

しかしガムによっては、丸飲みが危険なものもあります、また噛んでこそハミガキ効果が期待できます。
ガムを与えたら与えっぱなしにせず、飼い主さんがある程度までは噛ませてあげましょう。

 

 

7/16のサマーイベントでは、今回のデンタルケアも含め、7歳以上のこれからシニア突入のワンちゃんネコちゃんが、どんなごはんを選んで、どんなことを日々気をつけて、そしてどんなときに病院にきたらいいかをお話しする予定です。
質問タイムもありますので、気になってることのある飼い主さん、ぜひどうぞー(*´∀`)つ。

 

 

 

当院は毎週火曜日がフードの日、フードやサプリメントが10~20%OFFでご購入いただけます。 お気軽にお電話ください。

大人向けサマーイベントと処方食フードのご紹介~シュウ酸カルシウム尿石

2018年06月11日

こんにちは、獣医師の藤井です。

 

 

 

少し前のことになりますが、ペット食育協会APNAのセミナーに参加しました。
そこで話にあがったのですが、熊本の飼い主さんから縁あって相談を受けたそうです。
周りに手づくりごはんを認めてくれる獣医師がいない、でもどうしても処方食を食べてくれない愛犬のために手づくりごはんを試したいとお願いしたところ、かかりつけの獣医さんがペットフードメーカーの推奨しているレシピを教えてくれたそうなのですが、チキンをパン粉で調理してライスを合わせるチキンカツ丼?だったそうで、野菜や繊維はなし。

不安を感じて相談されたそうです。

 

 

何人かを通している話なので事実は異なるかもしれません。
しかし、私が宮崎の大学院で同期の熊本の獣医師は手づくりごはんを指導できます。
またその栄養学の本は私も持っていますが定期的に改訂されており、チキンカツ丼は見かけた記憶がありません。

どこでそういうことになってしまったのか・・・謎です。

 

 

でもその飼い主さんにとっては事実を知らない=事実はないことと同じですから、とても残念ですね。

 

 

 

 

例えばシュウ酸カルシウム尿石症になってしまった場合、まずはその尿石に一番対応したドライフードが勧められます。

 

 

 

 

しかし何らかの理由でそれが食べられない場合は、次にくるのは尿石全般に対応したフードの缶詰ウェットです。

 

 

 

水分をとることで尿量を増やし、薄い尿をたくさんすることで結晶ができてしまってもとっとと体外に出すことが目的です。

でもそれも食べない時は…ごはんに少しの工夫をしたり手作りごはんにすることもあります。

手づくりごはんの最大のメリットは、水分が無理なくとれることです。

 

 

これは手作り食がいいとか処方食がいいとか、そういう話ではありません。

どんなにいいものでも!食べてくれなければないのと同じです。

シュウ酸カルシウム尿石のごはんひとつとっても、これでなくてはも何もない!ということはありません。
その時期にあったごはんと、適切な健康チェックで上手に年齢や病気とつきあっていくハッピーシニアが増えればいいですね。

 

 

 

 

 

7/16のサマーイベントでは、7歳以上のこれからシニア突入のワンちゃんネコちゃんが

・どんなごはんを選んで

・どんなことを日々気をつけて

・どんなときに病院にきたらいいか

をお話しする予定です。

 

 

質問タイムもありますので、気になってることのある飼い主さん、ぜひどうぞー(*´∀`)つ。

セミナー詳細はこちら。

 

 

当院は毎週火曜日がフードの日、フードやサプリメントが10~20%OFFでご購入いただけます。

お気軽にお電話ください。

Copyright(c) 2015 千葉県船橋市の動物病院 かつまペットクリニック. All Rights Reserved.