海外セミナー

2017年12月19日

こんにちは、動物看護師の渡辺です。

 

先日は院長の長期不在で、患者様にはご不便をお掛け致しました。

 

インスタグラムでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
日本よりもっと寒い国、スイスのダボスにAOセミナー・マスターコースを受けに行ってまいりました。

( AOは骨折やそれに伴う合併症、後遺症の治療の発展を目指す国際団体です。

詳しくはこちらのAOのHPを見て下さい。

ベーシック→アドバンス→マスターと段階的に学ぶ体系になっており、当院では何名かの獣医師がベーシックを修了しております。

 

 

 

 

院長よりご報告です。

 

『朝8時から午後6時まで4日間のコースでした。
整形外科、骨折治療で合併症をいかに起こらないようにするか、また合併症が起こった場合は原因の追求とそれに対する対処方法などを学びました。

小型犬の多い日本では難しいことも多いのですが、大変勉強になり充実した内容でした。

今後日々の診療に反映し、よりより治療を提供できるよう努力を重ねて参ります』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフに買ってきてくれたお土産がどれも美味しかったです(*^-^*)💛

 

公園遊び☆

2017年12月11日

こんにちは、動物看護師の晝八です。

 

最近は一段と寒さが増してきましたね💦
皆さん体調を崩されたりしていないでしょうか?
寒くて家にずっと引きこもりたいところですが…最近私は元気に公園遊びをしています!笑

 

というのも、息子が先月から歩けるようになったので、休日は近くの公園に行くことが多くなりました✨

 

いくつかの公園を巡っているのですが、私のお気に入りの場所がこちらです🎶

 

 

 

 

公園というよりも芝生広場なのですが、とにかく広いので、思う存分よちよち歩くにはとっても良い場所なのです✨

 

風邪を引かないように気を付けつつ、これからも元気に外遊びをさせたいなーと思っています(*^^*)

 

 

 

最後にご報告を…
前回のブログでもお話した、ヒルズさん主催の減量エキスパート養成塾の全3回の受講を終えました!

 

こんなに立派な修了証も頂きました😆

 

 

 

ワンちゃん、ネコちゃんのダイエットでお悩みの方がいましたら、是非お気軽に声を掛けて下さいね(o^▽^o)

スタッフ情報交換会(LINEお友だちにかんたんにする方法)

2017年12月10日

こんにちは、獣医師の藤井です。

 

 

今年一年の締めくくりをする時期…ということで!
埼玉の動物病院さんと情報交換を兼ねた忘年会をしてきました。

 

 

 

動物のため、飼い主さんのため、そして働くスタッフのためにもっといい動物病院にしたいよねー、と盛り上がりごはんもお酒もすすむ楽しい時間でした(((o(*゚∀゚*)o)))

 

 

 

さて、ご存じの方も多いと思いますが、当動物病院では今夏からLINEを始めました。
他のお二人の病院もLINEサービスを取り入れており、それぞれいろんな工夫をされていました。
そこでお互いにお友だちになったのですが、どうやって招待するといいでしょう(‘_’?)

 

 

隣にいればフルフルやQRコードが便利ですが、離れてLINEしている相手を招待したいこともありますね。

 

そういうときは

 

左下の「+」を押して

 

 

 

出てきた「連絡先」を押して

 

 

 

 

さらに出てくる「LINE友だちから選択」を押して「かつまペットクリニック」を選んでください❕

そうするとLINEしている相手を、かんたんにお友だちにすることができます。

 

 

 

今お友達になっていただくと、その日から使っていただける割引クーポンがプレゼントされますよ。
わんちゃんねこちゃんのおやつやハミガキグッズ、クリスマスプレゼントにもおすすめです🎵

獣医師会の腫瘍勉強会

2017年12月9日

こんにちは

獣医師の大塚です。

最近鼻声でごめんなさい。

もう風邪は良くなったのですが鼻がまだ良くなりません。

 

 

このブログでもすでにお伝えしましたが、先週末に院内の「現場改善運動」の成果発表会がありました。

私達広報チームもプレゼンテーションを準備し、6月から行ってきた活動について発表を行いました。

 

この成果発表会の準備のため患者様のお声を聞いたりスタッフからも意見を聞いたりしましたが、このブログやLINEで発信している情報を思った以上に皆さまに見て頂けていることを改めて実感しました。

 

 

これからも、皆さまの知りたい情報、皆さまに知ってほしい情報をお伝えしたいと思っております。(獣医師村山がたこ焼きを作って食べていることなど)(1人)

 

 

ブログやLINEなどについて「こんなことを教えて欲しい」「こんなことを書いて欲しい」などご意見がありましたらお気軽にお声掛け下さい。

 

 

さて、実は私はその翌日も発表がありました。

地域の獣医師会の先生方が集まり、腫瘍科の専門医の先生をお招きして行う勉強会なのですが、当動物病院からは院長以下5名が参加しました。

 

今回は私から3つの症例を発表させてもらい、それについて獣医師会の先生方と一緒にディスカッションをし、専門医の先生にアドバイス頂きましたが、翌日からすぐに活かせることもたくさん聞くことができました。

 

 

わんちゃんたちが長生きになってきている分、がんになってしまうわんちゃんもたくさんいます。

もちろんがんの治療は抗がん治療がすべてではなく、緩和治療などの様々な選択肢のうちのひとつでしかありません。

そういった選択肢の中から、その動物・そのご家族にとって何が一番幸せなのかを考えながら日々治療を行っています。

 

そのための選択肢は広いに越したことはありませんし、抗がん治療は負担のかかる治療だからこそベストな治療が出来るよう、日々勉強をしていこうと思います。

 

 

 

 

 

 

新人セミナー最終回

2017年12月4日

こんにちは、獣医師の藤井です。

 

気づけば今年もあと少し、早いですね。

今年度卒業予定の学生さんは、卒論に、勉強に忙しくされていますか。

来年の今ごろはどうなっているでしょう。

 

 

当動物病院に入社すると…

 

 

こうなります。
ロイヤルカナンジャパン主宰新人セミナーが、先日最終回でした。

 

 

 

 

今回も提供していただいたスニッカーズをお供に、愉しく厳しくがんばってもらいました。

こんなに食べればお腹もいっぱいですね!

 

 

私と院長勝間も、他の動物病院のスタッフさんや企業の方々とお話しすることができ、毎回大変勉強になりました。

 

 

真ん中にいらっしゃるのが、今回の企画運営をされた氏家先生です。

むかって右側、一部だけ盛り上がっているあたりに私もいたりします。

 

新人のみなさん、心身の健康に気をつけ、社会人楽しんでくださいねヽ(´ー` )ノ

内視鏡レベルアップセミナー in福岡

2017年11月26日

こんにちは、獣医師の藤井です。

 
先日長々お休み頂き、福岡の九州大学で行われた内視鏡外科トレーニングセミナーに参加してきました。
 
 

博多の中心地から地下鉄で20分くらいでした。

 

 

台湾のセミナーとは違い、医師で内視鏡認定医を目指す人のためのものなので、獣医師の私は特別参加でした。
 
消化器外科、小児外科のお医者さんたちばかりなので、レベルが非常に高い方もおり、偶然そういうチームに入ったため人の術式を多く体験できてとてもラッキーでした(足手まといになるべくならないよう必死でしたが)。
 
動物は体格のばらつき、費用、指導者すべてが人より条件が厳しいのでなかなかレベルアップするのが難しいのですが、みなさんのお話しをきいた限りではやはり!地道な練習と努力に勝るものはないですね。
 
 
 
こういうドライボックスでの、日々の練習のあってこその技術です。
 
 
 
 

獣医師はおそらく一生縁がないとは思いますが…ダヴィンチda Vinci (医療ロボット)の練習までしちゃいました♪ヽ(´▽`)/ 

気になる方はこちらの日本ロボット外科トレーニング学会のぺージをどうぞ。

 
 
 

お世話になった先生方と、またもやヒドイ状態の私…
実習のあとなので(´;ω;`)
 
 
慣れないことばかりやっていたので身体バッキバキですが、明日からまたがんばりますー。

効果が長持ち♪犬の外耳炎治療薬「オスルニア」院内セミナー

2017年11月16日

こんにちは、獣医師の福島です。

コタツとみかんが恋しくなる時期になりましたね。

 

さて、先日は外耳炎治療薬と慢性心臓病療法食の院内セミナーでした。

 

  

 

外耳炎は耳に菌が増えて炎症が起こる病気で、とくにワンちゃんにおいて日常的に見られる疾患です。

外耳炎にかかったときに見られる症状として、耳の中が赤くなる、耳垢が多く出る、耳から嫌な臭いがする、耳を頻繁にかく、などがあり、原因として皮膚炎(アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、接触性皮膚炎)、角化異常、寄生虫疾患、感染症、外傷などが挙げられます。
外耳炎の治療は耳の洗浄と、点耳薬が一般的ですが、耳の中をなかなか触らせてくれなくて耳掃除や点耳に苦労される飼い主様も多くいらっしゃいますよね・・・

 

しかし、今回のセミナーで勉強しました、「オスルニア」という外耳炎治療用点耳薬は、なんと計2回(最初に1回点耳した1週間後に2回目)の点耳で約1ヶ月効果が続きます
オスルニアは、毎日点耳しなくてはならない点耳薬と同等の治療効果が認められるので、外耳炎の治療で毎日の点耳で苦労されてる飼い主様にとっても強い味方です!

毎日の点耳に困っている方がおりましたらいつでもご相談してくださいね。
それではまた次回のブログで。

中学生の職場体験

2017年11月14日

 こんにちは、動物看護師の渡辺です。

 

11月も中旬になり、朝晩は冬の寒さを感じることが多くなってきました⛄

 

寒いのは苦手なのですが、寒くなると猫のチャギ君が一緒に布団に入って寝てくれるので、 とても癒されます(*´∀`)♥

 

 

さて、先日七林中学校の生徒さん2名が職場体験に来てくれました!

 

 

体験中の様子です。

 

 

 

 

 

 

血液検査や顕微鏡検査、また実際に薬を割ってみたりと様々な体験をしてもらいました。

 

 

 

 

 

 

二人とも熱心に獣医師の話をメモしたり、質問もたくさんしてくれました♪

 

 

 

動物病院の仕事って楽しい!と思ってくれていたら嬉しいです(*´∀`)

 

 

 

 

 

ぜひまた遊びに来てくださいね♪♪

 

 

動物のガン予防を考える

2017年11月12日

こんにちは、獣医師の藤井です。

 

 

先月に引き続き、今月も授業のため宮崎に行ってきました。

 

 

来年入社予定の学生さんとごはんしました。

卒論発表会が近いそうで、それが終わればいよいよ国試!

待ってるよ~

 

 

さて、前回の台風とはうってかわり、今回宮崎は快晴。

 

気温23℃、暑いくらいです。
ブーゲンビリアなんかも普通に咲いちゃってました。

 

 

特別講義の内容は国立がんセンター研究員のアジアにおけるガン研究の現状についてでした。

少なくとも人では、欧米とアジアでかかりやすいガンの種類は異なります。

そのため、ガン研究で学術的に功績を残したい!と思ったら、アジア(もちろん日本を含みます)で多いガンの研究では有名な欧米の雑誌に載りにくいので、欧米寄りの研究をせざるを得ない状況があったりします。

日本の医療に貢献すると世界的な評価は得られにくいという残念な現象が起きてしまうんですね。
製薬会社による薬の開発や研究グループの形成にも影響するので、アジア内での研究開発は非常に重要なのです。

 

では、なぜ欧米とアジアではガンの種類が異なるのでしょうか???

少し古いですが、国際がん研究機関 IARC の発表をまとめるとこんなかんじです。

Aziki et al.

遺伝とか人種の差? でも、ハワイに移住した日系人はアジア人なのに欧米寄りですね。

それだけではないことが考えられます。

 

がんの原因は、まだ分かっていない点も多くありますが、現段階で「ほぼ確実にリスク因子となる」と判明しているものがいくつかあります。
遺伝と違い、こういった原因は生活習慣の改善や、適切な検査・治療などで対処することができます。

つまり、私たちが意識することで予防できるがんもあるということです。

もっと詳しくデータを知りたい方はこちらの厚労省のHPからどうぞ。

 

同じことは恐らく動物にもあてはまります、しかし人に比べ圧倒的にデータが少なく、種による違いが大きくわかっていないことだらけです。

でも、少なくとも同じ哺乳類なので発がん性物質に極端な違いはないでしょう。

難しいようですが、つまりは人で発ガン性をよぶものはおおかた犬や猫にも当てはまるだろうから、人でこれはまずかろうといわれていることはペットにもやめときましょう、ということです。

あたりまえのようで、これが意外とできないのです。

 

 

毛色が変わるほどの受動喫煙、おやつ中心の暴食、散歩ができないほどの過度な肥満など、ペットは自分ではどうしようもありません、飼い主さんが全てです。

 

サプリメントや飲み水にこだわる前に、まず基本的生活習慣を見直してみませんか。

ぜひごはん、運動、生活環境などを考えてあげてくださいね。

それだけで発がんリスクが減ることは十分にあるのですから。

 

内視鏡レベルアップセミナー in 台湾

2017年11月6日

こんにちは、獣医師の藤井です。
先日は台風の中宮崎から帰れるか…みたいなことを書きましたら。
facebookのコメントや、診察の際に「大丈夫でしたか?」とあたたかなお言葉をたくさんいただきました!
ご心配おかけし、大変申し訳ございません。
なんだかんだと帰ってくることができ、無事翌日も診察にでておりました(o^―^o)ニコ
 
 
 
 
さて話は変わりますが先月台湾へ、硬性内視鏡のレベルアップセミナーへ行ってきました。
内視鏡手術は、人では広く行われ、最近ではそちらがスタンダードになるような手術も多くみられます。
しかし、小動物では対象となる動物が小さく、器具が高価で種類も少なめ、そして指導者不足…と問題が多く、一般的とは言えません。
それでもやはり傷が小さく、痛みも少なく回復が早い内視鏡を望まれる飼い主さんも多く、より高度で安定した技術を身につけようと日々がんばっている獣医師グループもあるのです。
 
 
今回は日大の萩原先生(ヒトの内視鏡外科のベテランです)とカールストルツという医療機器メーカーさんの海外セミナーに、日本全国から熱心な先生方が現地集合で台湾に集まりました‼
 
 
実習後のため、ぼさぼさヘアの右端がワタシ・・・
 
 
 
レクチャーや、ウェットラボでの実技トレーニング。
 
    
 
 
 
 
終わった後はごはん食べたり夜の街に行ったり。
過密スケジュールの3日間でしたが、とても勉強になり、そして楽しかったです。
これからも技術と知識の向上を目指します。
 
当動物病院の内視鏡外科手術はこちらからどうぞ。
Copyright(c) 2015 船橋市の動物病院 かつまペットクリニック. All Rights Reserved.