ペットと人の絆をつなぐ動物病院

 

みなさん、こんにちは!

動物病院専任カウンセラーの宮下ひろこです。

今日は七夕ですね☆

お願い事は何かされましたか?

 

 

さて、私は先日都内で

JAHA(公益社団法人 日本動物病院協会)の

総会記念講演があり、聴講してきました。

 

 

講演のテーマは、

「ホスピタリティ溢れる組織づくり」。

 

元リッツカールトン日本支社長である

高野登氏の講演でした。

 

 

 

 

わたしたちは犬や猫たちと触れ合い、

一緒に暮らすことで、

癒しや心の安定を感じ、

幸せな気持ちになります。

 

その幸せな暮らしを維持するためにも、

動物たちには健康で長生きしてほしい(*^-^*)

 

 

そのお手伝いをするのが、

動物病院で働くわたしたちなんだと、

あらためて考える良い機会となりました。

 

 

 

 

人間やペットが幸せだと感じるときには、

脳内から「オキシトシン」というホルモンが

分泌されることがわかっています。

このホルモンは、

相手への信頼感や絆を深める作用もあり、

「幸せホルモン」と呼ばれ、

人間が動物の体をやさしくなでるときや、

アイコンタクトをとった時に分泌されます。

また、

動物の体内でも同様に、なでられたり、

アイコンタクト時に分泌量が高まることが証明されています。

 

 

今夜はわんちゃんやねこちゃんを撫でながら、

願い事を心に抱き、夜空の星を眺めるのはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

Copyright(c) 2015 千葉県船橋市の動物病院 かつまペットクリニック. All Rights Reserved.