印象に残った一冊の本。

 

 

 

 

こんにちは看護師の中道です🌸

 

 

 

 

 

 

雨続きの最近でしたが昨日は
晴れてぽかぽかな1日でしたね♡

 

 

 

 

 

 

 

我が家のソルテさんも窓際で日向ぼっこ
をしながらうとうと寝ていました☀️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、
私は今年1年、子犬子猫の教育
アドバイザーという資格を取るため
神戸のセミナーに参加しています✏️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎回宿題が沢山出るのですが、、、
今回の本を読んで来るという課題
で私が印象に残った1冊の本があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はその本を皆さんに紹介したいな
と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

本の名前は『犬を殺すのは誰だ』です。

 

 

 

 

 

 

タイトルからして悲しいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寝る前にストーブの前で猫と犬とぬくぬくしながら

読書をするのが最近の日課なのですが、、、

辛い現実に涙が止まりませんでした(´•ω•̥`)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おい、大丈夫かっ!という顔でソルテさんに

見られてました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この本には、現在の日本の犬猫の殺処分
されている現実とペット業界の事が
書かれています。

 

 

 

 

 

 

 

動物愛護先進国と言われているドイツ
の『ティアハイム・ベルリン』という
動物保護施設はサッカーコート約30面分
もある広大な敷地で、保護された子達が
暮らしており、ほとんどが新しい飼い主
の元へ行くそうです

 

 

 

 

 

 

 

飼い主が見つからなかった子も殺処分
はされず最後までのびのびと施設で
暮らすそうです。

 

 

 

 

 

 

私は、日本との違いに凄く驚きました😳

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドイツのようになるにはまだまだ課題が
沢山あるんだろうなとは思いますが
少しでも多くの犬猫が幸せになれる国に
なればいいなと思いますね( ´•௰•`)

 

 

 

 

Copyright(c) 2015 千葉県船橋市の動物病院 かつまペットクリニック. All Rights Reserved.