処方食フードのご紹介~内分泌疾患にメタボリックスシリーズ

こんにちは、獣医師の藤井です。

 

 

 

先日フードメーカーのヒルズさんにご招待いただき、内分泌を中心とした健康診断からの早期治療のセミナーに行ってきました。

 

 

東日本マネージャーの霜鳥さん、私なんかにもいつもとても丁寧に対応してくださる紳士です。

 

 

 

さて、内分泌ってなんでしょう?
糖尿病、クッシング病、アジソン病、甲状腺機能異常症などの、ホルモンの病気です。
講演の左向先生は、栄養学にも精通された豊富な経験から、内分泌治療の最新知見をご紹介されました。
人よりだいぶ遅れている獣医の内分泌分野ですが、最近はかなり積極的治療も行われるようになり、昔は2年前後の余命が宣告されていたのが、10年以上元気にコントロールできることも可能になりました。

 

内分泌系はそれぞれが深く関わっているので、ひとつの内分泌疾患にかかったら、他のものにもかかりやすくなっています。

その兆候を早く見つけて、予防することが長生きさせるコツになります。

「内分泌疾患になったことを嘆くばかりでなく、定期検診を受け続ける(治療を続ける)ことで、よりそのこを健康に保ちハッピーに過ごすことができる。」

講演でおっしゃっていたことですが、ぜひそれをめざして、飼い主さんと動物の助けになれるよう努力したいですね。

 

 

そして内分泌疾患に食事管理は超~重要です。

中身はもちろん、おいしく食べ続けることも大切です。

 

 

 

 

こちらは最近好評のメタボリクスシリーズ、胆泥症やシュウ酸カルシウム結石症、関節炎など続けることが必要な病気に使いやすいおいしさです。
気になる方はいかがでしょうか。

 

 

 

当院は毎週火曜日はフードの日、処方食やおやつ、サプリメントが 10%offでご購入いただけます。
お気軽にお電話ください。

Copyright(c) 2015 千葉県船橋市の動物病院 かつまペットクリニック. All Rights Reserved.